MENU

顔の汗やテカリについての私の悩み

私は昔から顔汗がひどく、小さい頃からよく前髪が濡れていました

 

その為に元々のくせ毛が更にウネウネとしてしまうので、中学生ぐらいからそれも嫌でした。

 

周りを見ても冬場でも着込み過ぎたり人混みに行ったり、電車などで暖房がききすぎていると汗がとまらなくなり、何故私だけがこんなに汗をかいているのかと気になり、すごく嫌だった事を覚えています。
なので中学生から髪の毛をアップにしたり美容院で縮毛矯正をあてたりと、今でもずっと続けています。

 

あぶらとり紙が欠かせない

もちろんハンドタオルも欠かさず持ち歩いていました。
また思春期になった頃から顔のテカリも気になり始めて、中学生頃からあぶらとり紙を頻繁に利用するようになりました。

 

汗やテカリのせいか鼻の毛穴の角質も多く1週間に1回の角質とりも欠かせない程に沢山とれていました。

 

高校生になった頃には化粧をするようになり、ファンデーションをぬれば顔汗やテカリを抑える事が出来るのではと思ってはじめましたが、完全に抑える事はもちろん出来ず、むしろ顔汗とともにファンデーションはすぐ落ちてしまい意味がないような気もしました。

 

その時も厚めに塗るなどの工夫をしました。

 

またこれは顔汗のせいなのか分かりませんが、今でも白いTシャツや白い襟付きの服などを着れば未だに襟元が黄色くなってしまい、他の色を着ても変色する場合があるので基本白い服は着ません。

 

あぶらとり紙以外でもいろんなアイテムを使用中

今でも鏡を見る度に自分の顔がテカテカしているので洗顔を朝晩としてみたりあぶらとり紙をしたり、服の黄ばみは小まめに洗濯してウタマロ石けんなどがいいと聞けば買ったりして試しています。

 

最近は友達のすすめで某石けん専門店で顔のテカリを抑える石けんがあると聞いて、それにも挑戦しています。

 

洗顔した時に使うとヒンヤリしてさっぱりしますが、夜までそれが持続するという訳もなく、あまり洗顔のしすぎも肌にはよくないと聞くので、小まめにあぶらとり紙を利用するのが1番手っ取り早く安くできるのではないかと思います。

 

他にもいろんな人にテカリの抑え方を聞くと、最近ではほとんど肌の手入れをしてないので化粧水や乳液をした方がいいよ、と言われなかなか習慣がつかないものの時々してみたりなど、雑誌や周りからの情報を取り入れつつ、いろんな方法に日々チャレンジしていきたいと思います。

 

今はあまり深く気にはしていませんが、やはり思春期の時などは本当に悩みでした。

 

汗やテカリなどを簡単に抑えれれる方法があればいいなと日々思っています。