MENU

顔のテカりの解消方法

こんにちは。私は20代OLです。

 

私は20歳を超えてから肌質が変化しました。

 

高校生まではニキビができやすく常にニキビ用の薬用化粧水を使って対処してきました。
しかし20歳をすぎたころから朝は乾燥して粉を吹き、夕方には顔の脂でべとべとになってしまいます。

 

もともと代謝が良いのか顔から汗を大量にかくのですが、いままでは制汗剤でなんとかしのいできました。

 

とにかくさっぱりしたスキンケア用品を使用して、夕方のテカりには脂取り紙をこまめに使用していました。

 

けれどなぜでしょう。
全然効果がないのです。

 

困った私は専門的にスキンケアについて学んでいる友人に相談をしてみました。

 

顔がテカっている人は油分が多いのではなく、反対に油分が足りない

顔がテカってしまう人は顔が乾燥してしまい油分が足りてない人。
なので高保湿のスキンケア用品を使用することがいい。

 

ということだったのです。

 

脂取り紙に関しても「とればとるほど脂は出てくる」と言われびっくりしてしまいました。
私はまったく逆のことをしていたのです。

 

それからスキンケアについて自分なりに調べケアを変えていきました。

 

顔のテカリを抑えるために

まずは友人から教えてもらった高保湿の化粧水・乳液・クリームを使用します。。
夏の日焼け後や冬は乾燥がひどくなってしまうので乳液の前に美容液を塗っています。

 

朝も多少はべたつきがあるのですがクリーム以外のケアをしています。
そしてクレンジングはオイルでなくクリームタイプのほうが乾燥にいいのでクリームタイプに変更しました。

 

オイルタイプだとメイクの落ちは劇的に良いのですが、過剰に皮脂をとってしまい乾燥の原因になってしまうとのことなのです。

 

また洗顔はネットでふわふわに泡立てて顔に置いていきます。
ごしごし洗うのではなくなでる感じで洗っていきます。

 

そして保湿成分の配合されている洗顔料であれば顔に塗ったまま2分ほど放置します。
それにより保湿成分が十分に浸透するのです。

 

洗い流すときは朝も夜も冷水です。
肌をひきしめ油分をしっかり閉じ込めてくれるのです。

 

夕方のテカりはこれでだいぶ抑えることができます。

 

顔の汗について

まずは軽い運動をして自律神経を整えます。

 

それでも改善が見られない場合は胸の下をキツく圧迫します。
女性であればブラジャーをいつもよりきつく締めることで顔からの汗はだいぶ減ってくるのです。

 

これらのことでほとんど対処できますがもし、夕方テカりが出てしまった場合、脂取り紙を使わずにティッシュで軽くおさえるようにしましょう。
そのあとはスプレータイプの化粧水を吹きかけることによって夜までさらさらが続きます。

 

これ、とても良いのでぜひあなたもやってみてください。
夕方までテカり知らずの肌になりますよ。